Cabaretclub

キャバクラでは意外とキャバ嬢は飲まない?

赤いドレスの女性

キャバクラに対して、キャバ嬢と一緒にお酒を飲んで楽しむスペースという印象をお持ちの方は、一度確認してみましょう。確かにお酒がドリンクでもメインであることは間違いありませんが、意外とキャバ嬢はお酒を飲まないことも多いのです。なぜキャバ嬢が飲まないのかというと、まず自分が酔ってしまっては上手く接客できないことが多いためです。男性客から勧められれば多少は飲むかもしれませんが、自分が潰れてしまう程には飲まないでしょう。
あくまでも男性客を楽しませる空間なので、キャバ嬢がお酒をガブガブ飲み続けることはほとんどありません。あるとすれば、余程の酒豪キャバ嬢でしょう。また、最近では単純にお酒を飲めない若者も増えているため、キャバ嬢もそのケースに該当するかもしれません。上の年代になると、一緒にお酒を飲めないことをがっかりされる方もいますが、こういうものだと割り切ることが大切です。無理強いしてはそれこそ空気が悪くなりますし、キャバ嬢も嫌がります。お酒とキャバクラは密接に結びついていますが、必ずしもキャバ嬢がお酒に強いわけではありません。最初からキャバ嬢=酒豪と結びつけないように注意して、キャバクラを楽しみましょう。